レイクの審査に通る人と通らない人の違いってなに?

審査の通りやすいといわれているレイクですが、中には通らない方もいます。審査に通る人と、通らない人の違いは何なのでしょうか?

審査に通らない人の共通点

申込には審査基準というものがあります。

氏名、年齢、勤務先、年収など、申込の際に入力した情報は、スコアリングという方法を使って点数が付けられています。
たとえば年齢の場合、働き盛りの人は点数が高いですが、それよりも若い、あるいは高くなると、点数は下がります。

試しに、『お借り入れ診断』を受けてみましょう。
レイクには、実際にお申込みをしなくとも、簡単に借入れ可能か診断してくれる機能があります。数秒で診断できるので、ぜひ試してみてくださいね。



他にも、既婚者で子どもが多い、持ち家のローンがある、居住年数が少ないなども、借入が増えると思われるため、点数が低くなります。
また、携帯電話だけで固定電話を持たない場合も評価が下がるといわれています。

特に大切なのは勤務先が明白で、収入が安定しているということです。
収入が不安定ですと、レイクの審査基準を通らない可能性が高くなります

それ以外にも、過去に返済を滞るなど金融事故を起こしている場合は、どこの金融機関も警戒するのは当然ですね。複数の金融機関を渡り歩いて、借金を借金で返しているという自転車操業の場合も、レイクの審査ではシビアに受け止められます。

金融機関の間では、キャッシング利用者の情報が公開されていますので、審査基準をクリアしようとして虚偽申告を行ってもすぐにばれます。
虚偽申告は最も信頼を失う行為ですので、審査に通るためにも絶対にしないようにしましょう。

>>簡単!レイクのお試し診断はこちらをクリック!


QLOOKアクセス解析